読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

22杯

予選5-1(1戦は不戦勝)、決勝トーナメント2落ちベスト16。

f:id:kano-poke:20161101111126g:plainf:id:kano-poke:20161101111231g:plain

f:id:kano-poke:20161101111313p:plainf:id:kano-poke:20161101111331g:plain

f:id:kano-poke:20161101111358g:plainf:id:kano-poke:20161101111419g:plain

◾︎ガルーラ@ガルーラナイト

181(4)-177(252)-120-×-120-167(252)

猫騙すてみタックル 冷凍パンチ 不意打ち

ミラーに強い最速。クレセリアが起点になりやすいと感じたので地震よりもストッパー性能が上がる不意打ちを採用した形。

◾︎ガブリアス@襷

183-182(252)-116(4)-×-105-169(252)

逆鱗 地震 岩石封じ 剣舞

数値受け崩し、電気の一環切りができ、後述するゲンガーがガルーラに役割を持てないのでガルーラに隙を見せすぎないガブリアスを採用。

◾︎クレセリア@ゴツメ

227(252)-×-189(252)-96(4)-150-105

サイコキネシス 冷凍ビーム どくどく 月の光

(一部の試合では2Wのどちらかを三日月の舞に変更)

物理受け。PTにクレセリアとサイクルを回せるポケモン(ヒードランなど)がいないので受けというより削りという感覚だった。

◾︎ゲンガー@スカーフ

135-×-88(60)-200(252)-95-155(196)

シャドーボール ヘドロ爆弾 トリック エナジーボールorマジカルシャイン

再戦がほぼない大会だったので採用した。マジカルシャインサザンドラにも打てるが無振りゲッコウガが40%ぐらいの中乱数になってしまうのでエナジーボールと選択。

PTの3体が積み技も持っているのでトリックも採用。

◾︎ウルガモス@ラムのみ 特性:炎の体

161(4)-×-86(4)-204(248)-125-152(252)

炎の舞 むしのさざめき めざめるパワー地 蝶の舞

色々型を変えていたポケモンだが基本はこれ。ガルーラに地震がなくて鋼に隙を見せるのでクレセドランも同時に崩せるめざ地で採用。

◾︎スイクン@カゴの実

207(252)-×-156(52)-118(60)-136(4)-123(140)

熱湯 冷凍ビーム 瞑想 眠る

相手のキノガッサ入りのガルクレセやカバガルの、キノガッサを崩せれば瞑想スイクンで詰ませれるPTがあると感じたのでかなりCSに降った配分。熱湯+冷凍ビームで無振りガッサが確定のライン。




決勝トーナメントで負けたくまおつさん戦はPTはこれとはガラッと変えていました。

カロスマーク付きクレセリア持っていなかったので試運転とかはしてません。6世代お疲れ様です。


6世代総括的な

テキトーに流行りのやつ。 orasだけだと中身が無さすぎるものになるので6世代全体で。

▪️シーズン1.
あまり覚えてないけど結構育成しては試して育成しては試してを繰り返して純粋にバトルを楽しんでいた。レートは2000も行けてないぐらいだったと思う。
▪️シーズン2.
とても流行りだったカバルカカイリューで潜って2100に乗れた。レーティングバトルに楽しさを覚え出す。
▪️シーズン3.
カバルカカイリューで勝てたならこれでも勝てるなとカバドリとかいうのに手を出してしまう。何故か2140ぐらいまで乗って、ブログには書いてないがカバドリガルーラカイロスエンペゲンガーとかいうの使ってて結構楽しかった。毒守残飯エンペとヘドロゲンガーでサイクルしてタイミングみてメガカイロスで特攻する感じの奴で今思い出すと蕁麻疹が出そうなPT。メガカイロスが意外と強くてビビってた。重めの電気はカバドリで抑制するぜって感じで電気ガン無視選出もして勝ってたの思い出すと他人のプレイングとか一切笑ってられないなって感じ。
▪️シーズン4.
メガカイロスを抜いたら2188まできて初めて2200が見えたけどチャレンジに負けてとても悔しかった。前期のエンペがシャドボ影うち毒キンシの残飯ガルドになってこれがとてもハマってた。当時の自分は毒入れてサイクルしたりちまちました戦いが好きだったらしい。
▪️シーズン5.
カバドリに飽きたから別のPTを使ったが、結局勝てなかったのでカバドリを使ったけど2100止まり。前期潜りすぎた反動か最後はもう疲れていた。
▪️シーズン6.
オフも優勝できたPTで最終2180で8位で終わり1ページ目を飾れた思い出のシーズン。
最終日、家に帰って3時ぐらいでその日の5時〜6時?にレートが終わる様子で2100↑から潜って初戦は負けたけど残り全部勝って1ページ目圏内に入れたのを今でも覚えている。メンテに入るギリギリまで潜って行ってラスト一戦行けるか行けないかってところでチキってやめた。
XY最後にカバドリで満足できる成績がでてとても嬉しかった。同じページにいた某氏にフォローされました#日記
▪️シーズン7.
受験(といいつつFランに進学)
▪️シーズン8.
超インフレシーズン。カバドリ2200乗せるチャンスはここしかないと思い潜りまくった結果なんとか乗せたがインフレしすぎている関係上なんか実感が湧かなかった。XYからORASになり、なぜか自分のPTがサイクルから対面よりになっていった。2200の最終95位。
▪️シーズン9.
カバドリ、2107。
この辺から殺人ゲームにモチベを吸い取られこれまでのモチベが嘘のようになくなり全然潜らなくなってしまう。
▪️シーズン10.
大量
▪️シーズン11.
殺戮
▪️シーズン12.
▪️シーズン13.
キツネの社オフに出て少しモチベが上がるも最後まで続かず結局殺戮。
すなかきドリュウズを捨ててゴツメカバを使い出す。レートは209?で終わり。
▪️シーズン14.
orasでも最終1ページに一回は載せたいと思い立ち真剣に考えて潜ったシーズン。ドリュウズを捨てラスト2週間ほど前から始めた結果、2209で9位を達成。PTはスカーフウルガ入りのカバガル。某氏がスカーフウルガ入りのカバガルを使ってるのは知っていたが、まさかガルーラまで空元気持ってて軸が丸かぶりしてるとは思わなかった。最後までモチベを保てた要因となった某氏達に感謝。
▪️シーズン15.
殺(目標を達成したので満足しました)
▪️シーズン16.
▪️シーズン17.
途中までやってたけど戦場の方が楽しかったので最後は銃を磨きました。


これからも戦場に足を運びいつか来る世界平和を祈ります。


f:id:kano-poke:20160916052146g:plain大変お世話になりました・。。・


シーズン14使用構築

f:id:kano-poke:20160314192603g:plainf:id:kano-poke:20160314192639g:plain

f:id:kano-poke:20160314192748g:plainf:id:kano-poke:20160314192820g:plain

f:id:kano-poke:20160314192851g:plainf:id:kano-poke:20160314192904g:plain

よくあるカバガルーラを軸としたPTを使用。いくつか崩しの要素を入れてわかりやすいアドバンテージを確保し、試合を有利に進めようとしたのがコンセプト。

f:id:kano-poke:20160314192932p:plainカバルドン@ゴツメ 腕白

215(252)-132-187(252)-×-93(4)-67

技:地震/岩石封じ/欠伸/怠ける

代表的な物理受け。単純に攻撃技の威力が高く、欠伸の性能や特性の砂も加味して起点になりにくい点が高評価。今期でも多く見られたガルーラの秘密の力を3発受けることができるが、麻痺したり、そもそも冷凍ビームを所持してる個体数も多くガルーラ対策としては不安定なので要注意。

f:id:kano-poke:20160314192947p:plainガルーラ@メガ石 意地っ張り

メガ後実数値:181(4)-192(236)-121(4)-×-122(12)-152(252)

技:秘密の力/空元気/猫だまし/不意打ち

初手性能もストッパー性能も高い猫不意ガルーラカバルドンを見て出てきやすいスイクンや、重めの耐久アローを意識して秘密の力と空元気を採用している。鬼火等をもらって空元気を打てる状態でできるだけ多くの相手を上から殴りたいので準速をとっている。メガ進化してしまうと、ゲンガーに有効打がない技構成なので素猫を打ちかなり警戒した。空元気をうまく使い相手を持っていけた試合はほぼ負けなかったのでコンセプト通り。

f:id:kano-poke:20160314192958p:plain■ゲンガー@ゲンガナイト 臆病

メガ後実数値:135-×-101(4)-222(252)-115-200(252)

技:シャドーボール/へドロ爆弾/身代わり/道連れ

前述したようにカバルドンが対ガルーラだと不安要素が多いため採用したメガゲンガーガルーラ対面のゲンガー側行動で一番安定する、レートをあげるのに適している選択を模索したところ、ガルーラが噛み砕くなどで突っ張って来ても鬼火等を警戒して交代してきても一貫して安定するのが身代わりだと感じ採用。技外しの危険性がなく、突っ張ってきても被弾回数を抑えることができ、次の道連れにつなげれる点が魅力。

相手が交代して身代わりを残せたときにC振りのシャドボとヘド爆で圧力をかけることができる。

f:id:kano-poke:20160314193011p:plainガブリアス@気合の襷 陽気

183-182(252)-116(4)-×-105-169(252)

技:逆鱗/地震/剣舞/岩石封じ

後述するウルガモスが起点になりやすいためストッパーとして入ってきた襷ガブリアス

ガルーラに瞬間火力がないのでガブリアスの剣舞で数値受けを崩しに行く立ち回りもしばしば。

選出率は上に行くほど控えめになっていった。

f:id:kano-poke:20160314193022p:plainゲッコウガ@ラムの実 臆病

149(12)-104(4)-105(140)-144(164)-91-182(188)

技:冷凍ビーム/悪の波動/草結び/影うち

配分はこちらから借りました

http://sikikiri.blog.fc2.com/blog-entry-322.html

俗に言う厨パや、カバルドン展開に対して選出しやすい耐久に振ったラムゲッコウガ

また、偶に見かけたボルトゴーリにも積極的に選出できる点がよい。

熱湯がほしくなる場面がよくあるが切る技がない。

f:id:kano-poke:20160314193034p:plainウルガモス@こだわりスカーフ 控えめ

特性:炎の体

161(4)-×-85-205(252)-125-152(252)

技:オーバーヒート/虫のさざめき/サイコキネシス/めざ氷

初手に出して奇襲し、いきなり数的有利の状況を狙うことができる

スカーフ持ち。もちろん初手だけではなく終盤の抜き性能にも期待できる。

技構成は一番範囲を広くうてるよう意識したもの。

最大火力のオーバーヒート、安定技オニゴーリに強い虫のさざめき。せっかく1加速バシャーモの上を取れるので有効打のサイコキネシスと、ランドロスボーマンダガブリアスなど基本的に突っ張ってくる相手に打てるめざ氷。

 特性に関しては炎の体で使用したがたまたまBOXにいたカロスマークつきのめざ氷持ちが炎の体固体しかいなかっただけで虫の知らせを試したわけではない。ただ虫の知らせがよかったという場面よりも炎の体で拾った試合のほうが多かった印象。

 

 ----

 選出は基本的にはメガ+カバ+@1。カバを出さない試合も体感だが3~4割ほどはあるのでそこは柔軟に。レートあがるにつれてメガガルーラよりもメガゲンガーの方が自然と選出が増えていった印象。相手のPTが低速ぞろいで素ゲンガーの道づれを活かせそうなら同時選出もした。

ゲンガー入りに対してこちらもゲンガーを出す際は初手にゲッコウガウルガモスをおいて先にメガ進化させない立ち回りを意識したおかげで、ゲンゲン対面の不毛な同速対決は一度もしなかったのは良かった。

 

最高&最終レート2209

 f:id:kano-poke:20160315145031p:plain

f:id:kano-poke:20160315145059p:plain

 

 

 

社mf シーズン13使用構築 ガルーラカバ(ドリ)

f:id:kano-poke:20160120100800j:plainf:id:kano-poke:20160120100810j:plainf:id:kano-poke:20160120100820j:plainf:id:kano-poke:20160120100836j:plainf:id:kano-poke:20160120100850j:plainf:id:kano-poke:20160120100901j:plain


◾︎カバルドン@ゴツメ 腕白HBs

地震 岩石 欠伸 怠ける

◾︎ドリュウズ@チョッキ 特性: 型破り

185-203(236)-79-93(60)-135(212)

地震 アイへ 岩雪崩 つのドリル

◾︎ガルーラ@メガ石

197(132)-194(252)-122(12)-92(92)-108-123(20)

猫 捨て身 冷b 不意打ち

◾︎化身ボルト@お盆 穏やかHBD

10万 めざ氷 悪巧み 電磁波

◾︎ゲッコウガ@ラム

某信用可能配分

熱湯 冷B 悪波 影うち

◾︎ファイアロー@ヨロギの実 HDテンプレ

ブレバ 鬼火 挑発 羽休め



カバルドン

さらさら岩じゃないカバルドンを今更ながら使いたかった。構築の軸。Sは4振りクチート抜きで残りHB。

ガルーラ入りには出しているが秘密の力か冷B持ってるガルーラばかりで相当キツかったので間違いなく今期のレートで使うべきではなかった。

ドリュウズ

カバドリ見て出てくる水ロトムを葬るべくチョッキ型破り。配分は控えめcぶっぱハイポン耐え。実際はKP上位のポケモンに不利を取る相手が多くて出せず、見せポケに近かった。

ただ置いておくだけで相手の選出が分かりやすくなるという利点は見逃せない。

ガルーラ

初手性能が高い技構成のガルーラ

カバドリを見て選出されやすいカバルドンランドガブリアス意識の冷B。

冷bではなくゴツメ意識の秘密を使う事も考えたが、秘密では仮想敵となるガブやカバルドン相手を落としきる事が出来ないのが気にかかり採用できなかった。相手の対ガルーラ枠をガルーラで落とすことによって次のサイクルで猫不意打ちの縛り性能の高さが目立ってくる。また最近増えていると思ったマリルリや一定数いるオニゴーリ、ピクシーを考えると捨て身の瞬間火力が欲しかった。

・化身ボルト

ガルーラで倒せないクレセリアスイクン絡みのサイクルを崩しやすい穏やか悪巧み。今の環境ボルトロスを出しにくいという声も聞くが、型の関係上かそんな印象はあまり感じなかった

ただ技構成の関係上マンムーがキツイので要注意。

ゲッコウガ

スカガブの逆鱗などを耐える某有名ゲッコウガ。使ってみた印象としては影うちでバシャの膝やキノガッサの挌闘技を透かしたりととても面白い使い方ができた。技構成は悪波を採用しているがスイクンをより意識して草結びでも良い。熱湯は構築で重めのドランマンムー意識。

ファイアロー

ゲッコウガがラムを持っているため何か持たせるものが無いかと模索しヨロギの実(岩半減)をもたせたHDアロー。対面ならスカガブのエッジやランドの岩雪崩等も耐えて鬼火をいれることができるので結果的に処理ルートが増えたので面白かった。



社mfではこれを使い予選7-2 決勝トナメ2落ち。レートは終了何日か前くらいに209?から2000まで落ちてやる気が無くなり終了。最終日も夜中に目が覚めて2戦だけ潜ってみたけど負けたのでやめました

レートでは相手のガルーラ入りに対してはカバルドンを選出しないとAS猫捨て身で全滅してしまうPTなので、ゲッコウガの枠を途中からメガゲンガーにして使っていた。

祟り目ヘド爆催眠道ずれで使ってみたが対ガルーラ性能としては微妙なので鬼火祟り目のほうが良かったと思う。




社でポケモチベ高まると思ったけど最後まで維持ができませんねぇ…




twitter@KaNo_poke

第14回キツネの社mf。

予選7勝2敗 7位抜け

決勝トーナメント2落ちベスト16

f:id:kano-poke:20160110074147j:plainf:id:kano-poke:20160110074154j:plainf:id:kano-poke:20160110074201j:plainf:id:kano-poke:20160110074209j:plainf:id:kano-poke:20160110074216j:plainf:id:kano-poke:20160110074222j:plain


絶妙に会いたかった人とたくさん会えて良かった。皆さんありがとうごさいました!


PTは時間があれば今シーズンレートに潜りたいのでまたの機会〜

メガガルーラ

猫捨て身おんがえし秘密けたぐりグロウパンチ不意打ち噛み砕く冷パン炎パン放射冷B地震身代わりetc………


いよいよ秘密の力や身代わり、噛み砕くの登場で対ガルーラとして役割をもたせていたはずのゴツメ持ちやゲンガーまで機能しなくなってきた今日この頃。

当然技だけでなく配分に関しても研究されている。ミラー意識で最速や準速を取るものもいれば、身代わりを持つ耐久振りなど。

そもそもミラー意識って言っちゃってる時点でこいつが環境の頂点に限りなく近いのだが、


これだけ多くの型のガルーラがいる以上使用者はどのガルーラを使えるか選べるわけで、そのガルーラを構築の軸にするのはもちろん、最後の枠だとかに入ってくるのにも相応しいポケモンだと感じる。

PT組んでみてゲンガーが重いならガルーラで誘って噛み砕くやらで倒せるしナットレイが重いなら炎技を入れたガルーラを採用するだけ(だけという訳にもいかないがそれぐらいお手軽に処理ルートが組めるということ)。

こういった思考でガルーラを採用するときのデメリットが他のメガポケモンと同時選出できないってことしかないのではと思うくらい。



以上、分かりきっている事実を述べただけの雑談でした






(HD弱保ガルーラとかやめてね〜)



6世代カバドリ

カバドリガルーラ電気ゴツメ@1自由枠


電気はカバドリガルーラできついゴツメスイクンを早急に処理するため。PTに必要な浮いている枠を作れる意味でもボルトかサンダーがベスト?

サンダーを使うなら耐久とボルトにはない羽休めを活かし、ボルトチェンジでサイクルを回して裏のエースの一環を作りたい。ボルトなら草結び気合玉焼き尽くすなどの役割破壊技でタイプ受けを崩すタイプか、悪巧みを積んでクレセやポリ2などの数値受けを崩すタイプかの2択。どちらにしろ自分でサイクルを崩せる型が良い。

・ゴツメ枠

圧倒的スイクン。電気を呼んでくれるおかげでカバドリが通りやすくなる。

ゴツメ枠に求めるものはガルガブへの耐性と電気を呼べるポケモン


・自由枠

割と自由。一番意識するべきなのは相手の鋼に強く出せること。電気で悪巧みボルトを使うならナットに有効打のある奴がいい。できればバナにも打点が欲しい。





カバドリガルボルト炎スイクン